FC2ブログ

RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.24 ギアボックス+リアサス8

2012.08.27 Mon
RIMG0001_20120822005021.jpg
まだまだ"雑な部分"をキレイにする為とアーム取り付け位置にあけた穴を隠す為、資料画像とにらみ合って加工を進めます。
RIMG0004_20120822005137.jpg

RIMG0002.jpg

ボディとのクリアランスを確認しながらプラ板を貼っていきます。
上からかぶせるボディーパーツ、これが干渉しないか心配です。画像で見る限りは大丈夫そうです。

以前仮組したときはカウルパーツのエッジの薄さに感動しましたがまだ薄々攻撃は必要な感じです。

RIMG0006_20120822005035.jpg

左右同等に切り出したプラ板を貼り付けたらパテ盛りします。
乾燥を待って整形していきます。

RIMG0010_20120822005051.jpg
↑↑↑↑↑↑↑↑がザッと整えた画像。

そこにサフを吹いて確認します。
RIMG0011_20120822005115.jpg
まだまだですね。もう少し表面をきれいにしなくては!!
しかしながらこの部分はいったんここまでにしなくてはいけません。
頭の中の組み立て図ではエンジンとの接合をしてから作業を進める必要があるためです。

・・・なかなか手がかかります。







参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村








Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.23 ギアボックス+リアサス7

2012.08.24 Fri
ようやくです。アッパー。。。
RIMG0097.jpg

まず、位置の確認から入ります。アッパーアームの前側の付け根部分は切断したままの状態で追加工作を進めてきました。
切り取った跡が仮組みするとピッタリはまっていたのでそうしました。手を抜いたわけではありません。
↑↑↑↑↑↑↑↑の画像はアッパーアーム仮組みの状態です。アップライトのパーツがビシッと決まってません。しかもアームも少々ずれています。
このズレの基本的な原因はアップライトパーツにあります。しっかりはめ込んでみても左右で高さに(アッパー、ロアアームとアップライトパーツの接着点にできる隙間)差ができます。

RIMG0098.jpg

アッパー・・・後ろ側の付け根です。プラ材で位置決めをします。角材を置くことでこれより奥に入り込まないようにしています。角材が適当に接着してあるように見えますが、何度も計りなおしています。

RIMG0099.jpg
次にアッパーアーム前側の位置決めです。
自作したアーム取り付け部のカバーパーツの上からアームごと貫通させて真鍮パイプで固定します。F-14戦闘機みたいにアームは可変させるわけではないので真鍮パイプは固定のみが目的です。ですから穴あけの位置は適当です。後からこのパイプは見えなくする予定です。

RIMG0105.jpg

RIMG0103.jpg

↑↑↑↑↑↑画像は真鍮パイプを差し込んでみたところです。
おおよそ狙い通りです。
次はリアのアーム固定と自作カバーパーツの追加工作といったところです。








参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村






Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.22 ギアボックス+リアサス6

2012.08.22 Wed
プッシュロッドの改修とアッパーアームです。

RIMG0023.jpg

やっぱりプッシュロッドの付け根の位置が低いです。
以前プッシュロッドに手を入れたときに違和感を感じていたのは間違いではなかったようです。

RIMG0086.jpg

左側の指紋バッチリなのは以前アッパーアーム固定用に裏打ちしたエポパテです。
乾燥スピードを考慮してプッシュロッドの固定にはポリパテで裏打ちしました。

RIMG0087.jpg

今までプッシュロッドを差し込んであった部分の真鍮パイプ等は撤去して隙間はプラ板で塞ぎました。

RIMG0088.jpg

マスキングテープをガイドにして位置を測り新しく穴を開けます。差し込む部分は前回同様真鍮パイプを埋め込みますので徐々に穴を広げます。
RIMG0090.jpg

チゼルで斜めに刺さるプッシュロッドの逃げの部分を彫り込みました。
下半角をつけるので必ず必要になる部分です。

RIMG0091.jpg

真鍮パイプの太さに合わせて穴を開けます。この時ロアアーム側の位置も気にしながら彫り進めます。
画像はパイプを差し込んで角度を確認しているところです。

RIMG0092.jpg

この状態でロアアーム側のロッド取り付け位置を分かるようにしておきました。

RIMG0093.jpg

改修後の画像です↑↑↑↑↑資料画像と比べてアッパーアームが上に反っているのが気になりますが これは多分、実車だとタイヤ接地時に沈み込むので、考慮してのことだと解釈します。

もう少し高い位置でもよかったような気もしますが、ヨシとします!!
次はようやくアッパーです!!



f10nau.jpg
RIMG0021_20120816210224.jpg
RIMG0093.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑比較画像入れてみました。










参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村







Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.21 ギアボックス+リアサス5

2012.08.19 Sun
アッパーアームに取り掛かりました。
RIMG0015_20120816210129.jpg

一体だったアームを根元から切断してギアボックスパーツに埋め込むように改造します。
この部分は一体のままだと強度や位置決めなどが楽なのですが、せっかく作るんだからリアリティーを追求しようと思います。
少し前に終えていた作業ですが画像をアップします!↑↑↑↑↑↑↑↑ピンバイスで穴を複数開けて広げていきます。

RIMG0017_20120816210139.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑アッパーアーム自体は根元部分を延長しました。プラ角棒から削りだしています。

RIMG0019_20120816210147.jpg

ちゃんと収まるか確認します。↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
何とか思い通りにできました。固定の方法はこれから考えます。



ここで間違いに気付きました↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
f10nau.jpg

アッパーアーム付け根よりプッシュロッド付け根の方が位置が高いようです。
RIMG0021_20120816210224.jpg

↑↑↑↑↑↑↑↑この画像、資料画像と似た位置から撮影してみました。明らかにプッシュロッドの付け根の位置が低いです。よく考えてみれば実車ではウィングステーの根元あたりにある膨らみはプッシュロッドの付け根に接続されるダンパーユニットをカバーしているために膨らんでいるはずで、ロッドの付け根がこんなに低いはずがありません。もっとよく観察しなくてはいけません。
少しアッパーアームを置いておいて改修します!









参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.20 ギアボックス+リアサス4

2012.08.17 Fri
今回はリアのアッパーアームに取り掛かります。
プラ板工作になります。0.5mmプラ板で資料画像を見ながら進めていきます。
もちろんアッパーアームの後ハメ工作を兼ねています。
RIMG0032_20120813000647.jpg

資料画像にあるアームの付け根を覆うカバーのようなパーツを作ります。プラ板を二枚重ねてギアボックス側に接着しました。
この部分にアッパーアームを差し込んだときのストッパー的役割を担わせます。

RIMG0033_20120813000659.jpg

続けてアーム取り付け部分を囲うようにプラ板工作を続けます。
目指しているのは↓↓↓↓↓↓↓

fffk.jpg

資料画像よりも少し小さめに作っています。理由はボディーカウルとの干渉を防ぐ為です。

RIMG0034_20120813000708.jpg

ある程度囲う部分は予定通り進められました。接着剤が乾いたら成型していきます。

RIMG0035.jpg

とりあえずサイドのカウルをはめてみてクリアランスを確認!!問題なさそうです。

RIMG0036_20120813000722.jpg

アッパーアームもハメてみました。こちらも問題なさそうです。
後は資料を見ながら形を整えいていかなくては・・・・






参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村














Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。