RSS|archives|admin

1/48 IAI KFIR C2 No.59

2017.06.29 Thu
キャノピーのマスキングです。
前回やってた調整は、なかなか難しくて、後部キャノピーの合いがイマイチでした。
後部キャノピーの付け根部(飛び出た部分)のパーツの厚みが問題でした。
ちょっと失敗ぎみですが、大きく失敗する前に塗装をします。
RIMG0016_20170601000758a9f.jpg
裏側からも、表側からもマスキングします、
RIMG0017_20170601000759247.jpg
1/48なので、ソコソコの大きさがあり、マスキングは簡単に完了です。
RIMG0018_201706010008175f5.jpg
次は、後部キャノピー。
こちらも、スイスイっとマスキングが完了。
RIMG0019_20170601000818542.jpg
ザッと塗装を済ませます。
RIMG0020_201706010008209b7.jpg
実機のキャノピー裏は、フラットブラックかどうか分かりません。
グレー系の色かもしれませんが、ここは雰囲気重視。
大きな失敗をしてるので、"実機に忠実"は既に諦めています。
この画像を見て思ったのですが、キャノピーのパーツ、機体にセットしなければキレイに合うってところが悔しいです。
RIMG0021_20170601000821708.jpg
裏側から見るとこんな感じです。
本日は、ここまでで終わりにしました。

Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.58

2017.06.26 Mon
キャノピーに取り掛かりました。
RIMG0010_20170601000749cc9.jpg
切り取ったパーツを乗せてみると、段差ができます。
調整が必要な感じです。
RIMG0011_2017060100075026b.jpg
上の画像が分かりやすいです。
前側の機首との接着面。
なかなか大きな段差です。
RIMG0012_20170601000752778.jpg
キャノピー、全部をはめてみました。
後部のキャノピーはピッタリです。という事は、前部キャノピーを調整すると、前部キャノピーと後部キャノピーとの接合部に同じだけの段差ができることになります。
RIMG0013_2017060100075424d.jpg
後部をはめると前部が浮く。
両方の調整が要る。
クリアパーツだけに、失敗が許されない。
海外キットだから、パーツの取り寄せは難しそう。
もう一つ買うにも、マトモな値段では売ってない。
緊張感あります。
RIMG0014_20170601000755874.jpg
このままで進めるのも、なんか気になり、完成後に後悔しそうということで、前部キャノピーから調整しました。
左右の接着部を段差の高さ分、削りました。
削ったことで、接着部の幅が変わり、機首横にクリアパーツがはみ出るか?とも思いましたが、ほぼ影響無く段差を縮めることができました。
RIMG0015_201706010007566d3.jpg
そして、後部キャノピーをはめてみました。
なぜか後部キャノピーに前部キャノピーが押されてちょっとズレます。
もう少し調整が必要です。



Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.57

2017.06.22 Thu
馴染ませています。
RIMG0007_201706010007447a6.jpg
機体に貼り終えたデカールに、マークソフターを使って、スジ彫りのラインにシッカリとフィットさせています。
RIMG0008_2017060100074616a.jpg
この国籍マークはキレイに馴染んでくれました。
今後、クリアコートした際に、デカールの下から気泡が出てくるのだけは勘弁してほしい訳です。
RIMG0009_201706010007473ff.jpg
マークソフターでの作業を終えて、ホッと一息。

シート上部のフェイスカーテンハンドル、取って付けた感が気になります。
実機の物は、もっと萎れてる感じに見えます。

シートを接着する時に直します。

Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |