RSS|archives|admin

1/48 F-35B LIGHTNINGⅡ No24

2016.06.30 Thu
仮組みしました。
RIMG0004_20160510235632957.jpg
現在組み込む事ができるパーツを、全部盛り込みました。
RIMG0006_20160510235644421.jpg
何処かが上手くすり合わせできていないので、隙間が出来ています。
RIMG0007_20160510235645f32.jpg
反対側もしかり。
RIMG0005_201605102356349c5.jpg
コックピットの辺りは上手くいっています。
RIMG0012_20160510235700787.jpg
コックピット周辺は、挟み込む部分の点数が少ないので、比較的
楽に収まりました。
RIMG0010_2016051023564977d.jpg
エンジンからリフトファンを繋ぐシャフトも、何とか
無事に収まりました。
RIMG0011_20160510235658d4c.jpg
ブレードも、雰囲気が出てます。。
ここまで来ると次はノズルです。
とりあえず、ノズルも仮組みしてみました。
RIMG0008_20160510235646fbe.jpg
こうやって組んでみて、問題箇所を見つけています。
やはり、今回の問題箇所も、以前から気になってた機体内部。
RIMG0009_20160510235648b1b.jpg
やはり、スカスカではおかしいです。
新しい方法を思いついたので、以前に自作したパーツはボツにします。
どうしても、この部分が納得できないので、意地でも改造します。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしくお願いします!!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村





Category:1/48 F-35B LIGHTNINGⅡ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

堀田模型店

2016.06.25 Sat
懐かしさの残る模型店を訪問してみました。
実にこじんまりとしています。
34.jpg
ツールや、塗料もありました。
海外モノは少ないように見受けられました。※あったらすみません。
自動車、航空機、ガンプラと一通りの物は揃ってるという感じです。
自分のように海外モノや、中華キットを追っている人間には向きません。
何よりも、自分が子供の頃に感じていたような、懐かしい感覚が味わえます。
このお店の、綺麗に積み上げられたプラモデルの山の中にある、子供の"お小遣いでは買えない"高価なプラモデルを、このお店に通う子供達は、憧れの眼差しで見上げて見つめてるんでしょうね。
模型店を続けていてくれる事に感謝したいです。
とても好感の持てる良いお店でした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしくお願いします!!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村





Category:模型屋 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 F-35B LIGHTNINGⅡ No23

2016.06.23 Thu
リフトファンの加工に着手です。以前の仮組みの時にも書きましたが、
リフトファンの本体パーツは、左右を張り合わせ一体化する作りになっています。
RIMG0091_2016050617331908b.jpg
そこに、エンジンから伸びるシャフトがクラッチを介して繋がるようです。
ファン側にシャフトをはめ込む必要があるのかどうかは分かりませんが、
説明書では"はめ込め"という指示にみえます。
RIMG0092_20160506173321798.jpg
そのままだと、径が合わずはめ込む事ができないので、
シャフト側の内径と、ファン側の外径を削ります。
シャフト側の内径だけで済ませられれば楽なのですが、片側だけだと、パーツが破損しそうな程削らなくてはいけないので、両方を削っています。
それだけ径が合っていないと言うことなのです。
RIMG0094_2016050617332232b.jpg
次に、少々加工を施します。左右を貼り合わせる作りのリフトファン部分ですが、
貼り合わせるパーツの間にファンブレードを挟み込むようになっています。
RIMG0096_201605061733262cc.jpg
そのまま組んでしまうと、ファンブレードのパーツを溝に挟んで接着しなくてはいけなくなる為、ファンブレードの塗装に困ります。ファンブレードとリフトファン本体を、別々に仕上げてから組む必要があります。また、リフトファンを下から覗いた時に、リフトファン本体パーツが左右貼り合わせとなる為、ちょうど真ん中に接着ラインができます。コレをを消す為にも別々で組む必要があるわけです。
RIMG0097_20160506173343dbd.jpg
そこで、挟み込む部分の上の段の、位置決め用の溝を除去します。
こうする事で、ファンブレードを後からはめ込むことが出来るようになります。
RIMG0098_20160506173344d90.jpg
左右、両方の溝を取り払いました。
RIMG0100_201605061733472ab.jpg
ファンブレードのパーツを組んでみましたが、全く問題無く後ハメできました。
これで、ファンブレードのパーツを塗装後に組み込めます。
RIMG0101_201605061733493d1.jpg
ファンブレードを後ハメできるのを確認できたので、
リフトファン本体のパーツを貼り合わせて、下から覗いた時に見える内側の接着ラインを消して、
ホワイトサフを噴いておきました。

適度な加工が必要だったり、チョットした追加工作が出来たり、
スジ彫りの練習ができたり、作っていて楽しいキットです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓よろしくお願いします!!!
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村




Category:1/48 F-35B LIGHTNINGⅡ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |