RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.104 インダクションポッド内部2

2013.04.30 Tue
インダクションポッド内部の続きの作業です。
ガタガタだった部分はそのままにして次に進んでます。RIMG0142.jpg
このパーツの背骨にあたる箇所にまたもやプラ板を接着してみました。
ラインを変える為に基礎になる部分を決めようと考えました。
RIMG0143.jpg
後は裏からプラ板を接着しています。
このパーツを左右貼り合わせ、次はてっぺんの部分。ここはプラ板を積層したものを接着しています。
RIMG0144.jpg
ここまできたら得意のパテ盛りです。
RIMG0145.jpg
ここからはひたすら削っていきます。
そして出来上がったものがこれです。
RIMG0146.jpg
まだまだ調整しきれてないですが本日はここまでといたします。






参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:インダクションポッド内部 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

偶然経年劣化

2013.04.28 Sun
先日発見したWRCの三菱ランサー、途中まで組んでありました。
長年放置されてた自分の作品を見るのもなかなか面白いです。
RIMG0019_20130331004505.jpg
箱の中でこんな状態でした。
10年以上前の素組です。どんな甘い出来なのか楽しみに見てみました。
RIMG0018_20130331004503.jpg
この頃は説明書通り素直に指定されたTAMIYAのエナメル塗料で内装を塗っています。
RIMG0020_20130331004507.jpg
フロアの白い部分は指定のTAMIYAの缶スプレーです。
ここで発見!シートに貼ったシートベルトのデカール!
さて箱に入ったままの状態で放置されてたデカールはどうなってるのか?
RIMG0021_20130331004508.jpg
あまり劣化していないです。
ダッシュボードの端に貼ったカーボンデカールも観察してみました。
少しヒビが入っているように見えます。
しかし、シートの裏面に貼ったデカールはきれいな状態です。
やはり陽の光に当てなければキレイに保てるのでしょうか?

RIMG0023_20130331004532.jpg



※またいじる時間がない日に他の作品も見てみたいと思います。




参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村



Category:制作休日 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.103 インダクションポッド内部1

2013.04.25 Thu
いよいよ少し違う部分にコマを進めます。
サイドポッド内部はパテ盛りした状態で放置してます。
RIMG0134_20130418000634.jpg
次に進める部分はインダクションポッドの内部です。
実車と形が違いますので雰囲気だけでも修正したいと思います。
RIMG0136_20130418000635.jpg
現状のオリジナルパーツを組んでみるとエンジンを後方にズラしている関係でしょうかキッチリ嵌ってくれません。
インダクションポッドパーツ後方が浮いてしまいます。
RIMG0137_20130418000636.jpg
少し引いて見てみるとパーツが前傾しているのがわかります。
これを修正するのと同時に形状も加工します。
RIMG0138_20130418000637.jpg
マスキングテープをガイドにしてカットしていきます。
8_20130226012155.jpg
資料画像と比べて1番違う部分を最初にカットしました。
次にカットした部分は妙に膨らんだ部分とてっぺんの部分です。
RIMG0139_20130418000652.jpg
上手く修正できるかわかりませんが、このパーツのエンジンとの付け根の部分は今後見えなくなる予定ですのであまり気にしていません。
RIMG0140_20130418000654.jpg
カットして穴が空いた部分をプラ板で塞ぎます。
後ほどパテで形を整えるので大雑把です。
RIMG0141_20130418000655.jpg
合わせてみました。吐き気がするほどガタガタです。





参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:インダクションポッド内部 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |