RSS|archives|admin

FUJIMI 1/24 FERRARI F355berlinetta      

2009.04.27 Mon
ご依頼いただきましたF355です。

強烈なパーティングラインを消して色透け防止のブラックを塗装しました。





裏面をマスキングしたら下地色のつや消しホワイトを塗装してキズを確認。
キズが無いことを確認してボディーカラーを塗装。写真の赤塗装は3コート目。





第1回目の研ぎ出し。研ぎ出し中に発見したヒケは再度塗装をしなおす!
赤塗装の修正が終わって次は再度クリアをかけます。







ボディの細部塗装!マスキングは念入りに行う。





足回りから内装を作る。





仮組みしました。あと少しで完成!
本来実車にはスミイレは無いのでしないんだけど、実車の写真を見ると、クッキリと線が目立つので仮組みをはずしてスミイレをしました。そしてデカールを貼って細部パーツを取り付けて完成へ!











今回は前回の2台と違ってFUJIMI製のフェラーリだったので非常に大変でした。出来栄えもかなりTAMIYAとは違うと思われます。細かい点では、いつものことながら、ディスクブレーキやキャりパーは質感が無いし、パーツ全体の合いが悪く、特にガラス部品の透明パーツは酷いものでした。更にボディー後端のパーツもピッタリきません。そのパーツは本来最初に取り付けて塗装するべきでした。最終段階で気づいたのでそのままです。パーツ分割をもう少し考えてもらうか、説明書を工夫してほしいものです。最悪なのは前後跳ね馬マークの大きさが合わないことです。説明書どおりに取り付けましたが少しずれて馬が起き上がってます。キットの価格からしたらTAMIYA級の精度を期待したいもんです。一応素組改造なし、ほぼ説明書どおりの工程で完成させました。全体の形はすばらしくF355を再現できているので残念です。近く納品させていただきます!!!

次はFw190D-9と自分用零戦!Fw190D-9については資料本も買ったのでご期待くださいな。納品までしばしお待ちを!!

Category:1/24 FERRARI F355 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

ACADEMY 1/72 Bf-109E    

2009.04.19 Sun

ACADEMYのタイヤ・ホイール部品はキツイ!
高級品FineMoldsのF4制作中のVer.iさん!暇なときオユマるってもらえんやろか?
G6とかKとかだとホイール自体の形が違うはずだけどF4だったら似たような形の筈なんですが?
シートパーツにはシートベルトがモールドされている!リューターでモールドを削り飛ばしたのでiさんからのおじさんを待ってます。





仮組み。インテイク、機関銃口のカタチと位置がまったく違う。前途多難。iさん!資料不足だったので購入したぞよ。残念ながらパート2は売ってなかったよ!
※タイヤの形ぴったりです。Finemoldsはちゃんとホイールのリムがある!
やっぱり値段相応か?





カタチを修正する為モリモリをのっけた。機銃位置も修正の為モリモリで裏打ちした。そしてインテイクの修正!






図面見ながら修正と開口。





iさんよりおじさんを頂いたので早速塗装。内装も筆でさっさと塗ってシートとフットペダルに合わせて乗っけた!





シートとペダルに合わせたら、おじさんの位置が低すぎた。これではおじさんは計器板しか見えない。無理矢理修正したが納得いかず、一度シートとおじさんを外してやり直し。
ベース塗装は個人的にクレオス308が”らしい”と思っているので308で塗装。





キャノピーは分厚くて合いも悪い。E-3とE-4の違いは再現してあるようだけど、部品番号は同じでよく観察しないと分からない!今回はE-3の予定なので丸みのあるキャノピーを使った。







モットリングは面倒だからフリーハンド。これがうちのハンドピースの径での限界か?
デカールはネガフィルムのようにかたくて馴染ませるのはムリ。流し込み接着剤を所々使った。





一応完成。脚カバー等おかしな所が山盛り。しかしこれ以上このキットを修正する気力はありません。
シルバリングも仕方なし。印刷も悪くてズレている。


Category:1/72 Bf-109E | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |

TAMIYA 1/72 P-51D MUSTANG          

2009.04.11 Sat
制作のご依頼をいただきました機体と自分のコレクション用に2機同時進行!

P-51D i Verのディテールアップにならって追加工作。配線は後に真鍮から銅線に変えた。
今回のシートベルトは板おもり+プラ板。シートをつっているような部品は真鍮線。
シートの背板の塗り分けはP-51Di Verのとちょっと変えてみた。
床板は木製らしいのでウッディブラウンで塗装後、タンで木目を入れてみた。
2機同時進行ってかなり大変ですぞ。





士の字になった。真鍮パイプにて機関銃加工。





とりあえず黒を塗った。
銀塗装の下準備。目立ちそうなラインを完全に埋めた。+1000から2000までペーパーがけ。
シルバー塗装。クレオス8番とガイアカラーを使用。





C・イェーガー大尉機の下塗り。パネルの塗り分けは超適当。J・ランダース大佐機の下塗り。





2機並べてみた。

ベースデカール貼りから左側面デカール貼り。デカール貼り98%終了。

















そして完成!!おまたせです。またまたエナメル塗料が乾いたら納品させていただきます











オリーブドラブの塗装部分の塗り分けラインを間違えてます。
コッチはコレクション用!





いつものとおりいんちき写真です。




Category:1/72 P-51D | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |