RSS|archives|admin

1/48 IAI KFIR C2 No.57

2017.06.22 Thu
馴染ませています。
RIMG0007_201706010007447a6.jpg
機体に貼り終えたデカールに、マークソフターを使って、スジ彫りのラインにシッカリとフィットさせています。
RIMG0008_2017060100074616a.jpg
この国籍マークはキレイに馴染んでくれました。
今後、クリアコートした際に、デカールの下から気泡が出てくるのだけは勘弁してほしい訳です。
RIMG0009_201706010007473ff.jpg
マークソフターでの作業を終えて、ホッと一息。

シート上部のフェイスカーテンハンドル、取って付けた感が気になります。
実機の物は、もっと萎れてる感じに見えます。

シートを接着する時に直します。

Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.56

2017.06.19 Mon
デカールを貼り続けています。
RIMG0001_20170601000739c49.jpg
雰囲気が出るので、パイロットを載せてみました。ちょっとだけ嬉しくなります。
RIMG0004_20170601000741501.jpg
デカールは薄くて、馴染みも良いので、ハイペースで作業が進みました。
RIMG0005_20170601000741276.jpg
機体の上面はほぼ貼り終えてしました。
さほどデカールの厚みも気になりません。
RIMG0006_201706010007433c2.jpg
赤いラインは、資料画像を見ると、若干間違いがあるようです。
機体の側面から主翼へと伸びる赤いラインは、資料画像ではもっと太いラインになっています。
キネティックの付属デカールの方が正しいようです。


Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.55

2017.06.15 Thu
フラップを仮付けてみました。
もちろん、現段階では機体裏面にマスキングテープで仮止めしてあるだけです。
RIMG0061_20170508191321d9b.jpg
フラップが付くだけでかなりイメージが変わって飛行機らしく見えます。
RIMG0062_20170508191323c3d.jpg
満足したところで、またフラップを外して機体全体にクリアーを吹きました。
RIMG0063_20170508191324fa7.jpg
AMKのデカールがどんな物かまだ分からないので、シルバリング防止です。そして、その未知の世界のデカールを貼ります。
RIMG0064_20170508191326ea1.jpg
デカールは、なかなか貼りやすく、薄くて良質なものでした。
水に浸ける時間は少し長め。
台紙からずらすのも楽にできます。
ただ、一度折り目が付くと元に戻しにくくて、デカール同士がくっついてしまうような感じがありました。
RIMG0066_20170508191329f2b.jpg
残念なのは、白がかなり透けてしまう事です。
白を使った箇所は、国籍マークと、垂直尾翼の縞模様くらいなので、国籍マークは、円を、縞模様はベースを塗装で行えばよかったかな?と思います。貼ってみないと分からない部分なので、仕方ないですが、リベンジするような事があれば、気をつけたい箇所です。
RIMG0067_20170508191330359.jpg
三角マークの塗り分けの失敗がモロにわかる画像です。
悔やまれます。
完全に三角マークの中を赤いラインが跨いでいます。
赤いラインが細いので、少し離れてみると見えなくなっちゃうので多少、救われた感があります。
RIMG0068_201705081913326b8.jpg
三角マークの黒と、赤いラインの明度、黄色が膨張色である事で、失敗が助けられています。
RIMG0070_201705081913356cf.jpg
垂直尾翼のデカールは、まず、縞模様のサイズと、形が合いません。
白い部分はさっき説明した通り透けます。
形が違うのは、貼る前から気付いてたのですが、三角マークの失敗でモチベダウンしてるので、そのままにしてしまいました。
まず、機体のナンバーは、付属のデカールのナンバーを入れ替えて貼っています。
部隊マークや、機体のナンバーは、画像検索から探ってみましたが、入れ替えた847番の機体に出会う事はできませんでした。キット付属の部隊マークと、赤白の縞模様の機体で、機体のナンバーが840番台のものは見つけたので、存在したであろうという事で、キットのデカールのナンバーを入れ替えた次第です。

しかし、この程度の失敗で、モチベダウンしてると言う事は、精神力が弱い証拠です。

まぁ、だいぶ進んできたので、後はこだわりは適度、仕上げは適当に完成させます。

Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.54

2017.06.13 Tue
機体裏面は塗装を終えています。色ムラを付けて使用感を出したいので、重ね吹きをしました。
RIMG0057_201705081913158c1.jpg
機体をひっくり返して細吹きしていきました。
RIMG0058_20170508191317eb9.jpg
画像では上手く写りませんが、結構ムラが多く、濃淡が出せました。
RIMG0059_2017050819131847c.jpg
この画像でも上手く写って無いです。
RIMG0056_20170508191314243.jpg
この画像が一番分かりやすく写っていますが、それでも塗った本人しか分からないかもしれません。
RIMG0060_20170508191320e0e.jpg
ザッとここまでで、基本の塗装は完了しました。
後は細かい補助インテイクや、キャノピー等といったところです。
RIMG0055_2017050819131284a.jpg
完成させたら、お気に入りの1枚を撮影しておきたいのて、理想のアングルを探す為に1枚撮影してみました。
カナードも付いて完成に近い感じが出てきたからできる事です。
これから少しづつ、クフィルの特徴的でカッコよく見えるアングルも探っていきます。



Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.53

2017.06.10 Sat
カナードの取り付けと修正が完了しました。
カナードはパーツの合いが良いので、簡単に位置も決まります。
RIMG0047_20170508191234c87.jpg
迷彩塗装の繋がりも、上手くできました。
カナードが特徴の機体だけに、取り付けた後は満足感に浸れます。
RIMG0050_20170508191238787.jpg
迷彩塗装のボケ幅も、納得できる仕上がりです。
RIMG0051_20170508191240289.jpg
反対側のカナードもバッチリ決まりました!
RIMG0048_201705081912354c4.jpg
三角マークもクッキリとさせて良かったのですが、修正してからもどうしても気になって資料画像を探しまくっていました。その結果、どうやら最初の塗装の方が正しかったみたいです。ここまでやってしまってからでは直す気にもなりませんが、説明書に無い塗装を選択した自分が悪いので仕方ないです。
RIMG0049_20170508191237a78.jpg
修正前はおかしく見えていた主翼の三角マークですが、修正し終わったら修正後の方が違和感がある。そんな感じです。この後、デカールを使って、主翼に赤いラインを入れる事になるのですが、その赤いラインは、主翼前縁の胴体側からフラップ付け根胴体側までまっすぐ伸び、本来は、三角マークの胴体側の角をかすめて行くのが正解です。このままデカールを貼ると、三角マークの黒帯部分の胴体側をまたいで行く事になってしまいます。大きな間違いですが、修正する気力がないので、そのまま進めます。
RIMG0052_201705081913087be.jpg
ちょうどいい大きさの三角マークにしたつもりでしたが、残念です。
RIMG0053_20170508191309da1.jpg
反対に垂直尾翼の三角マークはカッコよく決まりました。大きな失敗で製作意欲を削がれていますが、どうしても今回の出来に満足できなければキネティックがあります!キネティックのキットの方が良い部分もありそうなので、コレはこのままで進めます。




Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |