RSS|archives|admin

1/48 IAI KFIR C2 No.81

2017.09.01 Fri
【まとめ】
今回の AMK 1/48 IAI Kfir の制作についてのまとめです。
RIMG0005_20170103083831c81.jpg
今年の初め、スタートした1/48のクフィルです。
アヴァンギャルドモデルのキットは初挑戦でした。
4_20170104102918218.jpg
キットの塗装指示は、2パターンでしたが、今回はどちらも選択せずに、黄色い三角マークのある塗装を自己流で再現しました。
RIMG0072_20170105123927933.jpg
シートは小改造でディテールアップしています。
RIMG0112_20170106215359a04.jpg
キットのままでも、まぁまぁな作りなので、塗装と、マスキングテープで情報量を増やしておきました。
RIMG0068_201701051239082b9.jpg
計器パネルは、付属デカールは皆無なので、1/72のジャンクデカールを切り貼りしています。
RIMG0114_2017010621540180f.jpg
完成した計器パネルが上の画像です。
RIMG0092_20170106215302230.jpg
パイロットは、ハセガワの1/48、F-14から移植しました。
RIMG0129_20170106215438cb1.jpg
全くスケールが合わず、着座させるのにかなり苦労しました。
足も腰も切り離した大手術でした。
RIMG0003_20170109195957184.jpg
エンジンのアフターバーナーの燃焼室を、塗装だけで頑張って再現してみました。
RIMG0019_2017010920004549f.jpg
細切りのマスキングテープを、何度も貼って、塗装、貼って塗装を繰り返しました。
RIMG0029_20170109200123daf.jpg 
ノズルも塗装のみで再現しています。
RIMG0056_20170109200249428.jpg
このパーツも、マスキングテープの細切りを駆使しています。
RIMG0095_201701172345033f5.jpg
脚庫は、少しだけディテールを追加しています。
側面の壁の部分に、伸ばしランナーで配線、配管を追加しておきました。
RIMG0104_20170130230324d2c.jpg
キットのままでは固定されているフラップを切り取って、フラップダウンが再現できるようにしています。
RIMG0117_20170130230414e5c.jpg
エアインテークのショックコーンを支える棒がキットのままだと太いと感じたので、伸ばしランナーで置き換えました。
RIMG0060_20170327231239437.jpg
塗装は、ハセガワ1/72の指定色を参考にしています。
ベースとなるカラーをサフ代りに使用しています。
その後、フラットブラックでパネルラインを下塗りし、本塗装に進みました。
RIMG0005_20170417221317c69.jpg
イスラエルの独特な迷彩塗装は、増槽まで全てフリーハンドで行いました。
RIMG0009_20170417221323029.jpg
クフィルを制作する時にはやりたいと思っていた、黄色い三角マークを再現しました。
ネットで探した図面を参考にして、塗装を開始しました。
パネルラインから三角マークの大きさや位置を判断していたため、当初塗装した三角マークが正しかったのに、間違えたと勘違いしてしまい、間違った三角マークに塗装し直すという最悪の失態を犯してしまいました。
この事で一気にモチベダウンしてしまいました。
RIMG0029_201704172214151a7.jpg
上の画像で出来ている三角マークが正しいものです。
RIMG0060_20170508191320e0e.jpg
全体の基本塗装が終わりました。
このまま進めばよかったのですが、この後に三角マークを修正してしまっています。
RIMG0011_2017060100075026b.jpg
クリアパーツは、透明度は申し分無く、満足出来るものです。
キャノピーの取り付けには、大きさが微妙に合わず、修正が必要になります。
前のキャノピーのパーツで、段差の修正をしましたが、前側をいじった事で、全体が崩れて、後部のキャノピーを完璧に擦り合わせるのが困難になりました。海外キットという事もあり、パーツの取り寄せも困難だと思うとガシガシ削って調整するのも積極的になれず、ソコソコの所で茶を濁してしまいました。
RIMG0025_201706010008275d9.jpg
デカールは、薄くて貼りやすく、クリアコートにも十分耐えてくれる質の高いものでした。発色も良く、多少白は透けますが、このキットの中で一番優れた物だと思います。
上の画像では、塗装で間違えた部分がモロに出ています。
また、三角マークを斜めに走る赤い矢印のラインは、実機ではもっと太いラインになっているものだと思います。
唯一のミスプリかな?と思います。
RIMG0062_201706010010277fc.jpg
脚柱にはパイピングを追加しています。
パイピングには、金属線は使用せず、黒いプラスチックの伸ばしランナーを使用しました。
RIMG0084_20170601001122678.jpg
主脚のタイヤは幅が合わず、修正が必要でした。
プラ板を挟んで、調整しました。
ホイールと、タイヤを別パーツにしてある事で、塗装はし易く、ホイールとタイヤの径もピッタリ合っているので、幅の修正が必要な部分はちょっと残念です。
RIMG0087_2017060100112627b.jpg
前脚は、キットのままの方が正しいのかもしれませんが、少し手を加え、オレオを少し縮めました。
RIMG0005_201707050907372b4.jpg
縮める加工の際にできたキズが、なかなか良いウェザリング効果が出ていたので、完成前のウェザリングを施す際に、シルバーでタッチアップして、キズを活かしました。
RIMG0005_2017070523472720e.jpg
兵装は、沢山付属しているのですが、それでも数が足りていませんでした。
塗装を間違えた事で、少々どうでも良くなってしまったので、実機の搭載量や、搭載方法は無視しています。
搭載できるだけ積み込んだ状態で完成させましたが、GBUは2発余りました。ジャンクパーツとして保管します。
欲を言うなら、爆弾やミサイルにも注意書きがあると思うので、そんな細かい部分にもデカールを用意してもらえると有り難かったかな?
RIMG0122_201707101100534b6.jpg
長くかかりましたが、完成させる事ができました。

キットを評価するなら、正直、価格には見合っていません。
デカールは、白が透ける。ミスプリがある。
パーツ同士の合いは良いのですが、完全にピッタリ合うレベルではありません。
スジボリは、一見、よく見えます。深さもあり、満足出来るレベルではあります。
しかし、金型の抜きの関係か、真上からのプレスで出来るスジボリはきれいですが、少し回り込んだ部分はスジボリが消えていたり、浅くなっていたり、リベットが点では無く、横長な線になっていたりします。
これは仕方ないのかな?

ぱっと見の印象から期待していましたが、作り終えてからの評価としては、前作のキティーホークモデルと大差はありません。
組み易さで言えば、キティーホークモデルよりは組み易いのですが、内部の再現などが無いので、作り易くて当然だと思います。
その割には、キットの価格が高額である事。これは問題です。
やはり、価格に見合うクオリティが欲しい所です。

完成させてみると、まだまだ技術が未熟。
もっと丁寧に、手抜きせずに完成させたいものです。


Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.80

2017.08.31 Thu
スミイレ、ウェザリング等の撮影を忘れました。
いきなり完成画像です。
RIMG0038_20170710103819e34.jpg

RIMG0037_20170710103818883.jpg

RIMG0042_201707101038223c4.jpg

RIMG0040_20170710103821e60.jpg

RIMG0045_20170710103824880.jpg

RIMG0047_20170710103825a0e.jpg

RIMG0052_20170710103848330.jpg

RIMG0053_201707101038501a4.jpg

RIMG0054_20170710103851704.jpg

RIMG0068_2017071010385399d.jpg

RIMG0078_20170710103855936.jpg

RIMG0050_20170710103828773.jpg

RIMG0099_20170710103856d2e.jpg

RIMG0100_20170710103857e1c.jpg

RIMG0104_201707101038594da.jpg

RIMG0122_201707101100534b6.jpg
年明けから丸っと8ヶ月、IAI KFIR C2、完成です。

別売りのエッチングパーツやデカールは一切使用していません。

次回作、悩んでいますが、モチベダウン中なので、しばらくお休みしながら検討します。




Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.79

2017.08.30 Wed
キャノピー内部のミラーと、手摺。
キットのパーツを使用しています。
RIMG0012_20170710103809282.jpg
このキットで一番ガッカリなパーツかと思います。
クリアパーツで用意されています。
できればエッチングパーツで用意してほしかった部分です。
RIMG0013_20170710103810c1c.jpg
塗装は、手摺はフラットブラックを吹いて終わり。
ミラーは、メタルカラーのクロームシルバーで塗装して、上からフラットブラックを吹きました。
接着には、美透明接着剤をエナメルシンナーで溶いて使用しています。
しかし、オモチャっぽい。。残念。。
RIMG0014_20170710103812b28.jpg
ランディングライトもミラーと同じように塗装しています。
ライト部分は、そこそこきれいに出来ています。
RIMG0015_20170710103813358.jpg
当然、クロームシルバーの上から重ねた色は、フラットブラックではなく、インシグニアホワイトを使用しました。
RIMG0016_20170710103815292.jpg
ランディングライトを取り付けました。
グッと脚らしくなりました。
後は、ウォッシング、スミイレ、ウェザリングで完成です!




Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.78

2017.08.26 Sat
兵装類の取り付け
RIMG0001_201707101038003ce.jpg
爆弾てんこ盛りにするので、センターパイロンは6発をセットしました。
RIMG0002_20170710103802b9a.jpg
たっぷりの爆弾で重量感が出てくれればうれしいのですが。。。
ここで、忘れていた機関銃部分を塗装しています。狭い位置のマスキングには苦労しました。
RIMG0003_201707101038030ca.jpg
主翼には空対空ミサイル、パイソン3を取り付けました。
もう少し青の強い色で弾体を塗装していたらと、少々後悔です。
RIMG0004_201707101038044ee.jpg
本来はないのかもしれませんが、GBUをインテイク下のパイロンに装着しています。
RIMG0005_20170710103806b55.jpg
機体裏側からはかなりの量の爆弾類でにぎやかになっています。
RIMG0006_20170710103807113.jpg
どんな見た目になったか?
確認の撮影です。
背景が暗いからか?アングルのせいか?
あまり搭載兵器のボリュームが感じられません。
ちょっとガッカリです。




Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

1/48 IAI KFIR C2 No.77

2017.08.22 Tue
パイロットの腕を取り付けました。
パイロットの胴体制作時、かなり切り貼りしているので、腕のパーツもそのままだと、そうとうなオーバースケールになります。
RIMG0006_20170705234728da0.jpg
リューターで削り倒していますが、それでもまだ”手”が大きかったです。
塗装は、胴体と違和感が無く繋がるように調整しました。
RIMG0007_20170705234730f9c.jpg
ベースを塗り終えて、この後エナメルのブラックと、フラットブラウンを薄く溶いたもので軽く陰影をつけています。
RIMG0008_20170705234731887.jpg
今となってはですが、もう少し陰影を強くつけても良かったかな?と思います。
RIMG0009_20170705234733c25.jpg
そして取り付けました。
少々肩幅の広いパイロットになってしまいましたが、OK!とします。
RIMG0010_201707052347340b4.jpg
右腕の位置は、操縦桿ではなく、計器パネルのスイッチに触れているように見える位置で固定しました。
左腕は、スロットルレバーを握る位置にしています。
HUDは、ホログラムシートを伸ばした物を貼り付けました。
プラ板で切り出して、HUD自体を薄くすることも考えましたが、
HUDの基部を塗装でごまかしたので、パーツの厚みが必要でした。
キットのパーツをそのまま使用して、厚みのあるHUD側面には、クリアグリーンを塗っています。
RIMG0011_20170705234736cfd.jpg
脚カバーも取り付けました。
あと一息で完成できそうです。

Category:1/48 IAI KFIR C2 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |