RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.115 エキマニ3

2013.06.01 Sat
エキマニに戻ります。
しっかり資料見てみます。
image_20130506104023.jpg

image_20130506104025.jpg
グネグネしたところはよく似ています。下手に加工して辻褄が合わなくなるより無理しないようにすることにしました。技術も無いですし。
前にも書きましたがオリジナルパーツはパイプの太さが足りないように思います。
RIMG0039_20130508231408.jpg
以前の作業で強引に曲げた部分をカットしました。
ここにラジエーターパーツでも使用した曲がるプラ棒を使ってみます。
RIMG0040_20130508231409.jpg
3mmのプラ棒を接着しました。この太さが資料画像に一番近い感じがします。
RIMG0041_20130508231411.jpg
簡単に曲がるプラ棒なのでさっさと調整してサイドカウル後端からチラッと見える感じを確認してみました。もちろん左右両方のエキマニパーツに同様の加工をしてます。
RIMG0044_20130508231431.jpg
この柔らかいプラ棒に穴を開けて加工となると柔らかい分作業しにくいと思ったので先端部分だけ通常のプラパイプに変えました。
RIMG0036_20130508231339.jpg
こちらのプラパイプは曲がるプラ棒と正反対ですぐに割れてしまいます。
適当な長さにカットしてエキマニ先端部分に接着後少しずつ削っていきました。
RIMG0043_20130508231414.jpg
まだパイプ先端の加工が必要な感じです。
RIMG0045_20130508231432.jpg
この先端にプラパイプを接着する作業も左右とも完了させてます。
サイドカウル後端からの見え方は下の画像のような感じです。
RIMG0042_20130508231412.jpg
分かりにくい画像ですが、下の画像のパイプ部分は少々内径を削り込んでいます。
RIMG0046_20130508231433.jpg
エキマニパーツ加工も最終調整残してこれぐらいにします。
そしてラジエーターパーツ等今できているパーツを仮組みしてみて資料画像と比較してみました。
RIMG0047_20130508231435.jpg

1_20130226012137.jpg

image_20130508012225.jpg
だいぶ違う気もしますが、現在の自分の技術ではこんなところでしょうか?
懲りずに反対側の確認も。
RIMG0048_20130508231436.jpg

9_20130226012156.jpg

5555.jpg
と、こんな感じで今回は終了です。








懲りずに参加しています。
☆1クリック☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

Category:エキマニ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.109 エキマニ2

2013.05.12 Sun
エキマニの作業を続けています。
観察しながら実車との違いを把握していくわけですが、資料画像も多くないので悩むところです。
RIMG0015_20130503100659.jpg
普通に取り付けてみればそれらしく見えますが資料画像と並べるとやはり違います。
image.jpg
取り回しはよく似ているので修正は不要?のような気もします。
でもやっぱり違います。
RIMG0016_20130503100700.jpg
とりあえず普通に組んだパーツを色んな角度から眺めてみます。
一から作ることも視野に入れながらオリジナルパーツが利用できないかも検討しています。
RIMG0017_20130503100701.jpg
上の画像は、どうせ作り直すかも?ということで荒技を決行してみました。
ライターで軽く炙って排気口の位置を強引に調整しています。
RIMG0018_20130503100702.jpg
意外と左右なかなかイイ位置まで持っていくことができました。
強引な調整なので先端が変形してます。
ここを何とかしてみようという事で変形してしまった部分をカットしました。まあ、テスト的な作業ですので割り切って強引街道をひた走ります。
RIMG0019_20130503100703.jpg
この画像だといかに先端が変形してしまったかがよく分かります。
迷うことなくカットして下の画像になります。
RIMG0020_20130503100733.jpg
3mmのプラ丸棒を接着して排気口を整形してみます。
RIMG0022_20130503100734.jpg
上の画像が作業後の状態です。ピンバイスで穴を開けてリューターで穴を拡げました。
大した作業ではないですが、それにしてもなんだかプラスチック感が漂いまくってます。
納得いきませんね。
違う方法を考えることにします。




参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村





Category:エキマニ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.108 エキマニ1

2013.05.10 Fri
インダクションポッドはひと段落という事で次を進めます。
エキゾーストマニホールドです。
RIMG0143_20130422225935.jpg
キットのオリジナルパーツです。
水掻きのような部分があります。実車にはきっと無い部分なので削り取ります。
RIMG0145_20130422225936.jpg
その他のエキマニのパーツもパーティングラインを消していきます。
とりあえず片側で3分割されてるのを接着してエンジンにはめてみました。
RIMG0146_20130422225951.jpg
上の画像と下の画像で実車と比べてみました。パイプの太さは足りないようですが取り回しはよく似ています。

19_20130424002240.jpg

問題は今までのエンジン搭載位置の改修によってエキマニにもズレが生じています。
こちらも修正していかなくてはいけません。RIMG0147_20130422225952.jpg
アンダートレイからはみ出ていますし、エンジンを後方にズラしている関係でエキマニも後方に飛び出しています。
ここは後ほど調整するとしてここでも気になるカウルが閉じられるかどうかを試してみます。
閉じられなければ閉じられるようにしなければいけません。
毎回ドキドキする確認作業です。
RIMG0148_20130422225954.jpg
まずカウルを取り付けてみる前に位置関係を見てみました。
パッと見た感じですが前後に1cmはズレてます。
さて緊張しますがカウルを取り付けてみます。
RIMG0152_20130422230018.jpg
?大丈夫のような?
反対側は?
RIMG0153_20130422230020.jpg
キレイに収まってます。
RIMG0154_20130422230021.jpg
エキマニの出口付近の画像です。
飛び出し量も出てきている位置も要調整ですね。
下の画像は違う位置からの画像です。
RIMG0156_20130422230022.jpg
この画像で見ると全然ダメダメなのが丸分かりですね。
サイドカウルはエキマニとギリギリで干渉しない事が分かったのですが、困った現実も分かってきました。
RIMG0157_20130422230023.jpg
この画像でわかるでしょうか?
サイドカウルを取り付けてみると隙間ができます。
サイドカウルのパーツ自体の重さで定位置にはめてみると外側に開いてしまいます。
RIMG0158_20130422230038.jpg
この画像の方が分かりやすいですね。
RIMG0159_20130422230039.jpg
手で押さえるとキレイに閉じてくれるんですが。
困りました。


参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エキマニ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |