RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.100 サイドポッド先端3

2013.04.15 Mon
隙間埋め作業の続きです。
RIMG0128_20130411010403.jpg
前回差し込んだプラ板をカットして削り込んでいます。
RIMG0129_20130411010405.jpg
プラ板が差し込まれていない部分は0.2mmプラ板の厚み以下の部分です。
パテのお世話になると思います。
RIMG0132_20130411010409.jpg
両サイドとも同じように処理していきます。
問題点も発見しました。
各カウルパーツが集合する場所に小さな隙間ができました。
RIMG0133_20130411010425.jpg
どう処理していくか悩みます。




参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:サイドポッド先端 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.99 サイドポッド先端2

2013.04.12 Fri
隙間埋めに入ってます。
流し込み接着剤が入り込んでしまって隙間がガタガタになってしまいました。
これくらいの事は気にせず進めます!
RIMG0133.jpg
重要なのはサイドカウルパーツが綺麗につながる事です。
RIMG0134.jpg
見ての通りキレイなラインでボディーが一体化できています。
よかった!!
RIMG0136.jpg
モノコックパーツとサイドポッド先端のパーツにできている隙間にプラ板を挟み込みます。
反対側にも同じように挟みました。
RIMG0138.jpg
このプラ板を挟み込んだ事でサイドポッド先端のパーツにあった隙間からくるガタつきが無くなりました。
後は飛び出しているプラ板をカットしてキレイに慣らす作業が必要です。
裏側から見てみました。
RIMG0139.jpg
反対側も確認です。
RIMG0140.jpg
今のところ上手くいってます。






参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:サイドポッド先端 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.98 サイドポッド先端1

2013.04.08 Mon
先日の作業時にサイドポッド先端のパーツをモノコックパーツに取り付けました。
サイドカウルとモノコックパーツが集合する部分ですのできっちりと隙間無く閉じてほしい部分です。
擦り合わせが重要になりますので慎重に作業します。
RIMG0130.jpg
マスキングテープで仮止めした状態でアンダートレイに取り付け、アンダートレイとの隙間を確認します。
この時モノコックパーツの底面の仮止めしてあるパーツは外しています。接着していない仮止めしたパーツでは位置決めする際に力が入るとズレを生みます。ズレた状態を信じてサイドポッド先端のパーツを接着してしまったら全体をズレた状態で進めていくことになり最終的には大きな隙間や歪みになってしまうと思うのでそうしました。
RIMG0131.jpg
この先端のパーツは左右同時に進めています。片側づつで進めるとズレが生じている場合、片側にシワ寄せがきてしまいます。これを避ける目的です。
RIMG0132.jpg
この状態でサイドカウルのパーツを組んでみます。
隙間が生じています。
RIMG0135.jpg
モノコックパーツ、サイドポッド先端のパーツ、サイドカウルを左右同時に組んでピッタリきた所でサイドポッド先端のパーツをモノコックパーツに接着しました。もちろん接着も左右同時進行です。
この時にできているモノコックパーツとサイドポッド先端パーツ上面との間にある隙間は無視してモノコックパーツ側面側で接着しています。
接着には流し込み接着剤を使用してます。
次はその隙間埋めの作業に進みます!






参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:サイドポッド先端 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |