RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.203 給油口11

2014.11.26 Wed
給油口部分の仮組です。
RIMG0010_2014100401182233e.jpg
デカールを貼る前に組んでみたのは塗った色が自分のイメージに合ってるかの確認と
アンダートレイのカーボン柄との色の差を見るためです。
RIMG0013_201410040118241bb.jpg
やはりアンダートレイ部分のカーボン柄は明るいです。
下の色が透けてる訳ではないので仕方ないです。
しかも給油口あたりも同じデカールを貼っていくので貼り終えたら結局同じってことになりそうです。
RIMG0014_20141004011825e70.jpg
反対側も確認して本日の作業は終了。
次回こそデカール貼りに進みたいです。













☆応援☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:給油口 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.202 給油口10

2014.11.22 Sat
給油口部分に戻ります。
缶サフ吹きでガタガタですがこのまま進めます。
どちらにしても雑誌やネット画像から見たままを感覚だけで作り進めているので
このくらいガタガタの方が実車のピシッとしない部分の雰囲気が出て一つの味としていいんじゃないかな?
と思っています。この先に考えている工程にこのガタガタ感が必要だと考えていると言う事もあるのですが!!
8_20141006235405689.jpg
給油口の付近、上の画像ではセミグロスブラック?もしくはフラットブラック?と思うぐらい黒く感じます。
しかもちゃんとカーボンのパターンがあります。
RIMG0001_201410040118033cf.jpg
アンダートレイやギアボックスを塗装した時と少し感じを変えた色を吹き付けてみました。
クレオスの黒鉄色にブラックを追加しています。黒鉄色8:ブラック2の割合いです。
RIMG0004_20141004011806a4a.jpg
今回暗めの色にしたのはアンダートレイ部分でデカール貼りをした際にデカールが欠けた部分が
思いの他明るく出てしまったのと、資料画像がもっと暗い色をした画像が多かった為です。
RIMG0007_20141004011807a35.jpg
反対側も同じく吹き付けました。
RIMG0008_20141004011821a90.jpg
次回はまた楽しくデカールを貼ることになりました。
どんどん進めていきます!
すごく時間のかかっている作品ですので!

次回作に対する熱がかなり上がってきています。
気持ち的にはTAMIYAのレイトンハウスなんかチャレンジしてみたいんです。
あの時代のF1マシン、スタイル抜群で有無を言わさずカッコイイですからね!







☆応援☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:給油口 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.79 給油口9

2013.01.28 Mon
抜け出せませんね。給油口近辺。
今回は前回持ち上げた給油口部分を更に突っ込んで作業していきます。
RIMG0383.jpg
まず、線を引きました。
このままだとラジエターからの配管が行き先に困ってしまうので逃げ場を作ってるという訳です。
実車とは相当かけ離れた形なのでしょうが、この部分には後から更にカバーパーツを作る予定です。
カバーパーツで覆われて見えなくなる筈なので多少実車と違ってもこのままで進めていきます。


RIMG0384.jpg
一気に進んでしまいましたが作業はプラ板工作なので今までの作業と大差ありません。


RIMG0386.jpg
プラ板の継ぎ目にできた隙間や合わせ目消しにホワイトのラッカーパテを使用しました。
イビツな形になってきました。
予定ではうまく行く筈なんですが。やってみないとわかりません。
ダメならやり直すだけです。


ここまで来ると次はどこを弄っていけばよいのか?そこが問題となってきます。






参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村







Category:給油口 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.78 給油口8

2013.01.25 Fri
給油口周りの作業をしながら何だか違和感を感じておりました。
よく見ればわかるのですが、何も気付かずひたすら進めてきてようやく気付いてしまいました。
ということで修正です。
最悪なことに左右両方修正しなくてはいけません。
RIMG0005_20130104003830.jpg
自作した給油口のパーツの位置が間違っているように思います。
125.jpg
インダクションポッドの付け根と給油口までの長さと言うか距離が違います。
自作した給油口のパーツはかなり下の方に固定してしまいました。
コレを修正します。
RIMG0004_20130104003830.jpg
反対側も同じように下の方に固定してしまっています。
資料画像と比べても明らかです。
RIMG0006_20130104003843.jpg
容赦無く切り取りました。
先が思いやられます。
RIMG0007_20130104003844.jpg
これでもまだ低いくらいですがカウルと干渉しないギリギリのラインまで持ち上げました。
しっかり観察できていればやらなくて済んだ作業です。
資料画像の観察って相当時間がいります。
これからはもっとじっくり見てから作業しなくてはいけませんね。
反省しました。





参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村






Category:給油口 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.74 給油口7

2013.01.16 Wed
後部に追加した三角のプラ板のあたりをいじっています。
まだしばらく給油口、燃料タンク周りが続きます。
RIMG0031_20121231170557.jpg
真後ろから見て違和感が無くなるようにプラ板で不自然な隙間を塞いでおります。
ちょうど給油口から後ろ。三角のプラ板を追加した部分です。
ここまで来ると単に給油口、燃料タンク部分に手を加えていく訳にいかなくなってきました。
ラジエターの位置やサイドポッド部分も重要になってきます。
とりあえず、サイドポッド部分も進めつつ加工しております。
詳しくはサイドポッドはサイドポッドで記事にしようと思ってますので簡単にしておきます。
RIMG0032_20130101201627.jpg
以前、作業検討をした時に気付いた部分です。サイドポッド内部のパーツとボディーパーツの分割ラインを修正です。思い切ってカットしました。
RIMG0034_20130101201628.jpg
切断面はガタガタになるのでペーパーをあてて均します。
RIMG0035_20130101201629.jpg
もちろんこの時点で内部パーツ内側のダボもしっかり削って無くします。

RIMG0038_20130101201644.jpg
この作業でサイドポッド内部パーツはモノコック側の定位置に取り付けるとズレてしまうので、位置決め用のダボも切り取りました。

RIMG0036_20130101201630.jpg

マスキングテープで仮組みしてみました。
なんとか合格ラインでしょうか?







参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村





Category:給油口 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |