RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.218 ギアボックス+リアサス13

2015.02.21 Sat
アーム類にカーボンデカールを貼ります。
資料画像を確認しましたが、ピンボケやアーム類の形状から光が反射してしまっていてなかなかコレって言う1枚がありません。
手持ちの資料画像で確認できる範囲でそれっぽく貼り、ピンボケでハッキリしない部分はぼけた画像から判断してそれっぽく貼っていきます。
どっちにしても"それっぽく"って事です。
RIMG0001_2015012600182417e.jpg
アーム類には今まで使ってきたデカール以外にSTUDIO27の上の画像のカーボンデカールも使います。
RIMG0003_20150126001825183.jpg
上の画像、デカールが破れている訳ではありません。デカールの欠けた部分には穴が開けてあります。
RIMG0004_20150126001826457.jpg
裏と表、両方に貼りました。
RIMG0011_20150126001828caa.jpg
ギアボックス部分にはめてみます。
細かいことを言い出すとキリが無いのですがカーボンデカールの使い分けで雰囲気はまあまあでしょうか?
RIMG0012_201501260018296df.jpg

RIMG0013_20150126001845a38.jpg
カーボンデカールを貼っていくと一気にそれっぽくなっていきます。
アーム類についてもカーボンデカールの貼りっ放しより少し色を濃くしたほうがいいのかも知れません。
RIMG0014_20150126001847a24.jpg
もう少し色を濃くするかそのままクリアコートしてツヤを出すか?悩みます。
RIMG0015_2015012600184830b.jpg
模型的にはそのままの方がいいのかも知れません。
RIMG0016_20150126001849784.jpg
プッシュロッド等、その他のアーム類もデカールを貼り終わり終わりました。
デカール貼り、時間はかかりますが楽しい作業です。
次は違う部分にデカール貼ります。





☆応援☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村

Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.168 ギアボックス+リアサス12

2014.05.18 Sun
リアの足回りは下の画像までで少し置いておきます。
RIMG0135_20140415023632e02.jpg
次はクラッシャブルストラクチャーの接着。
真鍮線を仕込みました。
これがあるのと無いのとでは強度がかなり違うと思います。
RIMG0137_201404150236541eb.jpg
位置決め程度なので計測して真鍮線を打ち込んだ訳ではありません。
ギアボックス側にも穴を空けて差し込みますが接着できる面積が狭いのでしっかり取り付けられるか不安です。


RIMG0140_20140415023656002.jpg
真鍮線のお陰でキッチリ位置が決められたので接着剤を流し込んでおきました。
ここの継ぎ目もしっかり消したいと思います。



☆1クリック☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村




Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.167 ギアボックス+リアサス11

2014.05.14 Wed
続きの作業です。
均し終えたアームのパーツを所定の位置にセットしてピンバイスで穴あけします。
RIMG0130_20140415023628e4d.jpg
貫通したら取り出します。
取り出してみたらやっぱりセンターは出ていません。
RIMG0131_201404150236296b8.jpg
ギアボックス後端の穴あけした部分から真鍮パイプを差し込みます。
真鍮パイプを差し込んだら瞬着で固めて固定します。
RIMG0132_20140415023630346.jpg
もちろんパイプを差し込んだ後にこの穴は同じく瞬着で埋めて完全に消します。
RIMG0134_201404150236319f4.jpg
アームのパーツはさっき貫通させた穴の部分で真っ二つに分割しました。
荒っぽい作業ですがこれできっとうまく後ハメできるはずです。




☆1クリック☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村




Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.166 ギアボックス+リアサス10

2014.05.11 Sun
リアのアーム類を組んでみます。
足周りを組んでみるのは、これからクラッシャブルストラクチャー部分や、エンジン、モノコックの継ぎ目辺りに集中する配管のカバーを作って行く場合に必要になる位置関係を確認する為です。
RIMG0126_20140415023607431.jpg
最初の仮組以来、久しぶりにブレーキ周りを組んでスタートします。

RIMG0127_20140415023608536.jpg
アーム類を仮組してみたら思ったよりキッチリ収まってくれました。
しかし問題はここからです。
実際はどうしようか悩んではいた部分なんですが、クラッシャブルストラクチャーを取り付ける直前に配置されるアームをどう後ハメ工作するか!?
考えるのが嫌で後回しにしていた部分なのです。
RIMG0128_201404150236098bf.jpg
オリジナルではギアボックスパーツは上下分割なのでアームは挟み込むようになっています。私の場合は最初にクラッシャブルストラクチャーだけ切断してるので上の画像の部分にクラッシャブルストラクチャーのパーツを接着することになります。単純にアームのパーツをはめてから封をする格好になります。
色々考えた挙句、簡単で加工も楽な方法を思いつきました。
RIMG0129_20140415023610310.jpg
とりあえずはアームのパーツにある四角い穴を塞ぎます。
穴埋めして均してみました。
うまく行くかは分かりませんが簡単にしかもしっかりとセンターを出さなくても決まる方法ということでトライしてみます。



☆1クリック☆
よろしくお願いいたします!
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村




Category:ギアボックス・リアサス | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.25 ギアボックス+リアサス9

2012.08.29 Wed
横から写した画像です。

かなり後ろの方が持ち上がった形状です。予定ではこの部分(ギアボックス)にはまだまだ手を入れなくてはいけません。しかしながら自分の検索能力では資料画像にも限界があります。悩ましい問題です。

RIMG0012_20120822005210.jpg

FUJIMIのF10、今のところの評価は70点くらいでしょうか?エンジン等カウル内部の再現はカウルオープンにして飾る予定だと素組みでは少々キツイ感じもします。TAMIYAのF60でも完璧ではないようなのでプラモデルとしては合格ラインですかね。
実車に詳しい人には簡略化されてるところはすぐに分かるでしょう。
でもエンジン、ギアボックス含めて搭載角度をつけて組むという部分は実車同様みごとです!

RIMG0019_20120822005446.jpg

一応ボディカウルをはめて確認してみました。カウルとの干渉も無くいい感じです。

RIMG0020.jpg

今のところうまく行ってます。
そろそろプッシュロッドのアップライト側の固定を検討しないといけません。







参加しています。
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村










Category:ギアボックス・リアサス | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |