RSS|archives|admin

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.67 エンジン16

2012.12.27 Thu
毎回似たような作業と似たような画像になります。毎回の事ですね!
いかにチマチマと進めているのかがバレバレです。
RIMG0001_20121217224716.jpg
気分転換にいつもとは違う角度から写してみました。
カッチョええですね。筋肉質な感じだし、スラッとした部分もあるし。
さて再度上からの画像です。
RIMG0003_20121217224718.jpg
ラジエターの位置をだいたい決めたのでアンダートレイに位置をマークしておきます。
RIMG0011_20121217224753.jpg
こんな感じ↑↑↑↑↑

ここまでくると次はエンジンブロックの位置も気になります。
RIMG0004_20121217224719.jpg
追加したプラ角棒との距離感。雰囲気的にはこんなもんかな?
この位置だとギアボックスとの間が少々開いてしまう。
RIMG0006_20121217224749.jpg
やはりギアボックスのパーツを短かくしすぎたかな?

また調整が必要そうです。
あーーーー年が明けてしまいますね。




参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エンジン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.66 エンジン15

2012.12.24 Mon
進めて行く箇所に迷っていますが、ラジエターの位置と給油口周りをイジっていきます。
RIMG0013_20121205012619.jpg
給油口が位置する部分の後部にプラ角棒を追加しています。
実車画像はしつこいくらい使っているので今回は省きます。
RIMG0014_20121205012619.jpg
↑↑↑↑↑の画像、これくらいラジエターの位置をずらすと実車画像と雰囲気が似てきます。
目測なので正確ではありませんがこの位置までずらして制作していきたいと思います。

RIMG0011_20121205012544.jpg
カウルを被せてラジエター後部に追加したプラ角棒が干渉しないかの確認とキットのままのラジエターの位置をみます。干渉はギリギリOK!ラジエターの位置はやはりおかしいです。前回同様に納得できる位置までズラしてみます。
RIMG0018_20121205012653.jpg
再度↑↑↑↑↑ズラしてみました。やはり模型的にはこの位置!
111.jpg
参考↑↑↑↑↑↑

ここまでズラすとサイドポッドカウルを閉じることができるか心配なので確認です。
まず、上から見た画像です。仮組の状態なのでテープ類が貼ってあって見にくいですがラジエターをどれだけ後退させるかは一目瞭然となりました。
RIMG0019_20121205012654.jpg
左右がずれていますがとりあえず仮組なので今のところはこんな感じ。
そしてカウルを被せてみました。
RIMG0020_20121205012655.jpg
ちゃんと閉じました。
カウル内の干渉は無いようです。
次回も似たような作業を続けます!





参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エンジン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.65 エンジン14

2012.12.22 Sat
続きです。
ラジエターの位置を考えてます。
RIMG0005_20121205012523.jpg
前回の画像の角度を変えて写した画像です。
かなり後方にズラさないといけません。
RIMG0007_20121205012541.jpg
上から見るとこんな位置関係です。
ラジエター自体の形も???と思えてきました。
ここは今後の課題として次に進みます。

RIMG0008_20121205012542.jpg
まだガタついた状態ですがモノコックパーツの後端燃料タンク後部にプラ板を貼ってみました。
この部分を少々延長したいので様子見的な作業です。
RIMG0009_20121205012543.jpg
この作業をしてみて気付いたのは燃料タンク自体の形状も修正が必要な感じだということです。
実車はこんなにシンプルな形状ではなさそうです。
やり出したらキリがないですね。
ちゃんと完成できるでしょうか?
グループCやらRB6の誘惑に負けないように頑張ります!







参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エンジン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.64 エンジン13

2012.12.19 Wed
年末にかけて仕事も多忙をきわめてますが少しづつ進めます。
RIMG0001_20121205012519.jpg
サイドポッドのパーツです。ここを進めて行くわけではないのですが仮組みして内部の位置関係を確認するのに必要な訳です。

組んでみて気になる部分を発見してしまいました。
RIMG0003_20121205012520.jpg
位置決めのダボがデカイ!

正面から見てもデカいダボがあります。
RIMG0002_20121205012520.jpg
作業は後にしますがコレは無くします!
そして。。。
RIMG0004_20121205012522.jpg
仮組みしたサイドポッドのパーツを装着してラジエターの位置をみます。
資料画像だとこの辺りにラジエターがあるように見えます。
111.jpg
こんな目測で大丈夫なのか不安ですが、気にせずに進めます。











参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エンジン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

FUJIMI 1/20 FERRARI F10 No.63 エンジン12

2012.12.17 Mon
進めていく箇所がバラバラになりがちですが今回はモノコック側をいじります。
RIMG0011_20121130223329.jpg
以前ラインをいれてみた部分です。このラインは全くの無意味になりました。
とりあえず思いついた通りに作業を進めてみます。
RIMG0012_20121130223512.jpg

ざっくりカットしてみました。
インダクションポッドのパーツをのせてみます。
RIMG0013_20121130223513.jpg
ここで資料画像と比べます。
tky.jpg
違いますね。給油口の部分から後ろが実車はもう少し長いように思います。
実車は給油口の上の部分にパイプのような物が走ってます。今回カットしたままパイプのような部品を追加したら確実にカウルが閉じません。さらにカットします。
RIMG0017_20121130223516.jpg
インダクションポッドのパーツの基部にあった段差を無くしました。
次も確認です。今回の確認は資料画像との見比べではなくカウルが閉じるかどうかです!
RIMG0015_20121130223514.jpg
違和感無く閉じました。
ついでにカウルを閉じた時の内部のクリアランスの確認もします。
RIMG0016_20121130223515.jpg

んんんんん。ギリギリ!

次は上からの確認。
RIMG0018_20121130223529.jpg
ちょっと隙間ができています。ここは後ほどになりますが要修正です。

しばらく資料の観察が続きそうです。
imagesCA28SZ9J.jpg

こんなイラストも参考にします。絵だけに正しいかどうかは分かりませんが・・・・
また次回!





参加しています。
1クリック
よろしくお願い
 いたします☆☆
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村


Category:エンジン | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |