RSS|archives|admin

今年の紅葉

2017.12.02 Sat
先月中旬、またまた嫁様と、息子達を連れて紅葉を楽しんできました。
image1 (1)
愛知県豊田市の香嵐渓です。
嫁様とは結婚前に行ったきりでした。
愛知県では有名な紅葉スポットで、この季節は、渋滞がひどくて、なかなか行こうと思えない場所です。
image2 (1)
本当は今回も香嵐渓へ行く予定ではなく、このお寺のあるところへ行こうと思っていたのですが、意外と混んでいなかったので立ち寄りました。

紅葉狩りには早かったのか?遅かったのか?分からないくらいの染まり具合でした。


次はどこへ行こうかな?
秋から冬、楽しい季節です。


Category:旅・お出かけ・食 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

いただきました!!

2017.11.26 Sun
今月、数えたくありませんが1つ年齢が増えました。
でも、
RIMG0062_20171118232139b57.jpg
嫁様にいただきました。
欲しかったけど、なかなか買えずにいたものが!
サプライズで用意してくれてました。

うれしくて、もらってすぐ中身を確認しましたが、サスガ!TAMIYA!
実のところは組んでみないと分からないけど、見た感じでは噂どおりの細かさ!
中華キットのようにエッチングパーツ同梱ではないけれど、成型技術を見せ付けるような出来です。

しかし、嫁様、以前にもらったバイクプラモもそうですが、よく旦那のコレクションの穴を知っててくれるもんです。
このブログのどっかにこのキット欲しいって書いたかな??



ありがたや、ありがたや。


Category:キット感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

癒し。

2017.11.22 Wed
先日、嫁様と毎年秋に遊びに行っていた所へ、2年ぶりに行って来ました。
行けなかった2年間は色々あった訳だけど、この2年間で我が家は、またまた絆がグーーンと深まりました!
もちろん、最愛の息子達も連れて行きました。
image1.jpeg
最近、流行りだしたように感じる、グランピングという楽チンなキャンプ的なものです。
image2_2017111823211241b.jpeg
今月の初旬でしたが、この季節のアウトドアは格別です。
夫婦+息子2人で、家族水入らず。
ホントに久しぶりにのんびり出来ました。
image3_20171118232114ec1.jpeg
1泊して翌日立ち寄った、きれいな町並みのあるところ。
宿泊施設がメインかな?
カフェとか、お土産屋さんがありました。入場料を払うと、払った分のお買い物が出来るのでとてもお得でした。


さて、次はどこに遊びに行こうか?嫁様と計画を練るのもまた楽しみです。

Category:旅・お出かけ・食 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

金を払って苦労を買う

2017.11.05 Sun
F1、現用機、大戦機、バイク。
ガンプラ、艦船。
他、多数。
プラモデルは、実にたくさんのカテゴリーがある。

子供の頃のプラモデルの立ち位置は、テレビを見てカッコいいと憧れたロボットや自動車が、サイズは小さいけど、目の前に立体形で存在させることができるオモチャのうちの一つで、誕生日や、クリスマスのプレゼントでしか貰えない高価な超合金とは違い、親の手伝いなどを頑張って、ねだれば買ってもらえるレベルの身近な存在だった。
買ってもらえたら、サッサと組み立てて完成させてしまう。完成度は関係なく、たったそれだけを達成すれば満足できた。

親にねだってキットを買ってもらい、開封から極短時間で完成させていじり倒す。
当然、強度の弱い部分、ガンプラなら股関節が折れ、自動車ならタイヤがホイールごと取れる。
バイクならグリップが取れたり折れたりする。
こうなった物は当然、当時の技術では元に通り直すことはできず、サヨウナラと言うことになる。

色も塗らないのが当たり前だった。
とにかく形にして、付属のシールを貼る。
プラの成型色の1、2色で完成した模型にはバリや、隙間がたくさん残り、接着剤を使用した物なんかは、生乾きはもちろん、はみ出しも多く、所々に指紋が付いている。
そんな完成品でも満足していた。

当時の接着剤について。
大昔は、平行四辺形の袋に少量の接着剤が詰められた物が付属していた。
袋とは、化粧品の試供品の"小ぶりな奴"的なもので、中身の接着剤は、粘度が高めの接着剤だった。
製作途中に、間違ってこの袋接着剤を肘等々で潰してしまうような失敗もよくやった。
その後は付属の接着剤も進化して、小さなチューブに入った物となっていった。
この頃のプラモデルの組み立て説明書には、この接着剤を楊枝で少量づつ取って使うような指示があった気がする。
現在は、ほぼ接着剤は別売り。
その代わり、接着剤は流し込み系や、Dリモネン等、種類が増えた。

接着剤は置いておいて、今思えば、この頃のプラモデル製作は、作っている時も楽しく、完成した後も楽しんでいる。

今はどうか?

作っている時は、楽しんでいる事もあるが、苦痛?ストレスを感じる事も多くある。
このストレスが多過ぎるキットは完成に至らない事まである。

完成した後はどうか?

完成させた事に浸り、眺めて楽しむのはほんの少しの時間だけで、その後はコレクションケースに入れて放置してしまう。後から取り出してきて眺めるなんて事は数年に一度くらい。

これは、楽しんでいると言えるのか?

このところ購入しているキットは、5000円〜10000円程。
社会人となり、大人の趣味として楽しんでいるつもりだけど、実際は、ひとつのキットを完成させる迄に幾度となく苦労を重ねている。
タイトルの通り、お金を払って苦労を買っている。
しかも、親にねだって買ってもらってた頃のキットとは金額が違う。
数百円ではない。

それでも、何故かやめられない。
苦労を買っていると理解していながらも、何故だかやめられない。
本屋に行けば先ず、模型雑誌を見てしまう。
気になる新しいキットが発売となれば、一生かかっても完成させられない程の在庫があるにもかかわらず、買ってしまう。

趣味というより、病気?
ここまでくると、これはきっと趣味ではなく、病気の一つのように思えてくる。

ここまで記事を書いて思った。

こんなの、どうでもいいような記事だな。

長々と書いてしまった。
こんなこと書いてる暇があるなら、手を動かした方がいい。


そう思ってまた、制作に戻ろうと考える。

病気かもしれないのに、また作ろうと思う。

子供の頃に経験した 作る="楽しい"、 完成="楽しい"と言う経験は、何十年経っても抜けないものなんだ。





Category:制作休日 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

F-20 タイガーシャーク

2017.09.18 Mon
F-20、タイガーシャーク。
ハセガワの1/72は何度か作ったことがありますが、1/48はありません。
RIMG0006_201707241821378d6.jpg
RIMG0004_201707161534555ec.jpg
好きな機体なので、発売されれば買っていて、ハセガワ/モノグラムを2機、最近発売されたフリーダムモデルを1機ストックしています。
前回、グリペンを比較してみたので、今回はタイガーシャークを比較してみます。
RIMG0061_201707241823489d6.jpg
RIMG0056_201707241823196d9.jpg
機首の機関銃まわりが、フリーダムモデルは分割されています。新しいキットだからこの辺りは考えられてますね。
当然ですが、パネルラインが彫ってあるのと、凸モールドとの違いがあります。
RIMG0067_20170724182358bfe.jpg
RIMG0066_20170724182356d2a.jpg
モノグラムのシートです。
年代を考えると、やはりすごいモールドです。
RIMG0055_20170724182317fc1.jpg
RIMG0054_20170724182316415.jpg
フリーダムモデルのシートは、モノグラムをコピーしてアッサリさせたような感じです。
パーツ分割も同じです。
RIMG0063_201707241823520ff.jpg
RIMG0048_201707241823078ea.jpg
エアブレーキ周りです。
この辺りは、フリーダムモデルの方が凝っています。少しだけエアブレーキの内側に配線類のモールドがある程度ですが。
RIMG0072_2017072418240503a.jpg
RIMG0057_201707241823207d4.jpg
計器パネルです。
モノグラムはモノグラムらしいモールド。
フリーダムモデルも、モノグラムを綺麗に整えたようなモールド。
好みが分かれそうです。
計器パネルについて言えば、どっちも素敵です。
RIMG0060_201707241823253b2.jpg
RIMG0059_2017072418232431a.jpg
デカールは、貼ってみないと分かりませんが、モノグラムの方は、ハセガワが再販時に付属させたものだから、ソコソコ綺麗な物です。
フリーダムモデルも計器パネルまでデカールを用意してくれていて、印刷も綺麗です。

この2機の勝負は、好みによるって感じです。

もちろん、モノグラムを作る時はかなりの覚悟がいりそうですけど。



Category:キット感想 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |