RSS|archives|admin

TAMIYA 1/48 SPITFIRE Mk,Ⅴb No.3

2010.06.29 Tue
SPITFIREも最終段階まできた。キャノピーの塗装と、不安材料の第3キャノピーのマスキングをはがした。思ったよりきれいだったけど少々曇ってる。







キャノピーは開けた状態がいいか閉じた状態か悩むところ。部品の合いが良いので接着せずにどちらでもOKって事にしようと思う。








そしてデカール貼りだけど、これが結構大変。デカールの印刷がきっちりピッタリのせいか、きれいに合わせたつもりでも下地として先に貼る白デカールがはみ出る。







全体像はこんな感じ。まだまだ完成は遠そうだ。。
コックピット周りはこんな感じに。。




細かいデカールを紛失した。念のためオヨメ様に尋ねたら・・掃除中に落ちてたのでそのまま掃除機で吸ったとの返事をいただいた。”知らん”と言われるよりありがたく感じながら掃除機のフィルターパック内を恐る恐る除くときれいな状態でフィルター内のゴミやホコリとは違う位置に鎮座しておりました。わざわざ掃除機内に保管してくれて、ご丁寧に吸ったことを覚えていてくれて、尚且つ掃除中に吸ったことを正直に教えてくれたオヨメ様に感謝。ここは掃除機で吸ったことを怒ってはいかんところです。”どうしてとっておいてくれなかったか?”なんて暴言はNGです。・・・という珍事を経てデカール貼りが終了した。バックミラー等の小物を取り付けて、デカール保護のクリアコート、ウェザリングをのこしてほぼ完成の域に達した。画像は↓









本日のお気に入り画像は↓



いよいよウェザリング。
今回も資料本を見ながら汚しまくった。しかし、銀剥がしはうまくいかず。
適度なウェザリングがいかに難しいかを味わった。
一見良さそうに見えても、見てれば見てるほど”やりすぎたなぁ”と思えてくる。
まあ、ココまできたらやり直しもクソも無いのであきらめる。最後の最後に来てやる気が遠のいてきた。残すところ翼端灯とアンテナ線!











何とか仕上がった!
完成後の写真です↓↓↓


















制作後の感想として、パーツ精度もよく作りやすいキットだった。考証的には少々外形が違う部分があるらしいけど、手軽に48SPITが完成させられるのはありがたいと思う。デカールは薄くて好感の持てるものだが、主翼部分の国籍マークは表裏両面に凹凸があり貼りにくいので塗装にしたほうがキレイに仕上がると思うし、白い下地のデカールと色のついたデカールを重ねて国籍マークを再現するため、どうしても厚みが増してしまう。軟化剤にも限界があるので今後このようなタイプのデカールは極力使用せず塗装で再現したい。



Category:1/48 SPIT FIRE Mk,Vb | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

TAMIYA 1/48 SPITFIRE Mk,Ⅴb No.1

2010.05.22 Sat

Ver,i 様のSPITに影響されました。こちらはTAMIYAの48を始めてみますよ。
i 様に教えていただいて買ってきました限定モノのMk,Ⅴbです。


未完の作品が増える中更に1つ始めるのは心の痛むところだけど、今回のSPITはちょいと気合入れてみます。
まず、コックピットから!

構成される部品を切り取って合いを確認後、ディテールアップに入ります。
なにぶん資料本などをほとんど持ってないので、ネットで拾った画像を参考にします。



軽め穴を開けて、ヘッドレスト下部にはシートベルトを通す隙間を開口した。



操縦桿はモールドを削り飛ばして配線類を銅線で追加した!






コックピット内の塗装開始!!




このキットには計器類のデカールが全く付属してないので銀剥がしでの再現に挑戦!!


シートにはフィギュアを乗せるかどうか検討中なので後まわしにする。
塗装が終わった部品だけ組んでみた。












パイロットを搭乗させることに決定!バリが多いのでバリ取りついでに少々手を加えます。




マスキングテープと丸くくりぬいたプラ板でシートベルトを仕上げます。


塗装!塗装!塗装!

そして塗装!


ヘッドレスト部分にシートベルトを通してみた。これでだいぶ人形とコックピットが別モノっぽくなった。




コックピット内部を塗装。シートベルトを追加工作!プラ角材を炙って伸ばして、後部胴体内のシートベルト基部を作ってみた。
こんな感じ↓↓↓






左右胴体部品を貼りあわせた。機首先端部は後ほどのことを考えて少しだけ開口しておいた。




スピナー基部が資料写真と違うのでパテもって整形した。







スピナーの裏面を加工。完成後プロペラを軽快に回るようにしたかったので真鍮線と真鍮パイプで加工。





キットのモールドを削ってココもついでに真鍮線で加工。


主翼上面のあわせ目は隙間とは無縁!どこが接着面かも分からないくらいピッタリ↓






主翼上面の接着は裏から自作接着剤で補強した。



左右胴体を張り合わせたときにあらかじめ開口しておいた機首下面からパテを注入して真鍮パイプを固定した。



スピナーをセットしてみた。プロペラ着けたら快適に回るだろうか?





ようやく士の字になった。







☆テストショット☆

快適にプロペラが回った!!

次は排気管のディテールアップ。
極細ピンバイスで少しえぐってからリューターで穴を広げる



主翼上面のモールド消しとスジ彫りの修正




キャノピーパーツの仮組をしてみた。キャノピーの形状が丸いからか、内部がゆがんでしまう。開状態がいいか?閉状態がいいか?悩む。。。














Category:1/48 SPIT FIRE Mk,Vb | Comment(6) | Trackback(0) | top↑ |